壁穴レス急|壁紙一面張替え&壁穴修理施工事例

剥がれ保証 壁紙再利用

インターホンの近くに壁穴が空いていました。 愛知県半田市

愛知県半田市

  • 種類:壁穴修理&壁紙一面張替え
  • 建物形態:一戸建て住宅
  • 箇所:リビング

施工金額:26,980円(税別)

施工所要時間:約02時間40分

※施工所要時間については事前の現地打ち合わせ、天候、季節によって多少の誤差がございます。

項目金額
■下地補強・石膏ボード部分交換・パテ処理・ペーパー処理 9,980円
■スタンダード壁紙(量産品)での壁1面貼り替え 17,000円
★弊社は営業マンは使わず、施工担当者が完全責任施工となっております。
できる限り人件費をかけず、安く綺麗を心がけて対応させて頂いております。

★人件費のよくある流れ (リホーム業者さんに依頼するケース)
リホーム業者➡内装業者➡職人
スマホから電話
スマホから電話
事前診断

壁穴修理前の状態

リビングの壁に穴が空いていました。

拡大した写真です。

床にビニール養生をした後、壁紙を剥がし傷んでいるボードをカットします。

↑先頭へ

壁に付いている器具を外してから壁紙を切のいい箇所まで剥がします。

傷んでいる壁穴周辺の石膏ボードを、カッターを使って四角くカットします。

下地材にボンドを付け固定。さらに上からボンド!

↑先頭へ

下地材の上にボンドを付け、内側から半分だけ差し込みビスで固定します。

固定した下地材の上にボンドを付けます。

ボードを固定したら下塗りパテを塗ります。

↑先頭へ

既存のボードと同じ厚みのボードをはめ込み、ビスで四方をしっかり固定します。

固定したボードと既存のとの微妙な段差をなくすためにパテ処理をします。一回目に使用するパテは下塗り専用パテで、やせが少ないタイプを使用します。

ドライヤでパテを乾かし、ペーパー処理をします。

↑先頭へ

パテを自然に乾かすと1時間以上かかるので、時間短縮のためにドライヤを使いパテをしっかり乾かします。

ペーパーを使い下地を整えます。

パテを仕上げた後、ドライヤで乾かします。

↑先頭へ

目の細かい仕上げ専用パテを使い丁寧に仕上げます。

時間短縮のためにドライヤを使いパテを乾かします。

ペーパー処理をした後、丁寧に壁紙を貼り完成です。

↑先頭へ

ペーパーを使い下地を整えます。

壁紙貼り完成です。

壁穴修理前の状態です。

↑先頭へ
1310898378.jpg

壁穴修理後の状態です。

↑先頭へ
1310898474.jpg

お客様が新築時に余った壁紙をお持ちだったので、その壁紙を使い施工しました。まったく同じ壁紙を使用し、切のいい箇所まで壁紙を貼ったのでとても綺麗に仕上がりました。

ご近所に知られずご訪問可能

お客様からの声です

↑先頭へ

愛知県 半田市 N様

本日は補修の施工をして頂きありがとうございました。
補修範囲について、見積もりで来訪されるまでは、穴の開いた箇所だけを部分的(直径30cm程度の穴)に行うのかと思っていたら、提案頂いた補修範囲は「穴の開いた面以外、2面。合計3面の壁紙を全部張替える」というものでした。
しかしながら金額的には、メールでの概算見積もりと何も変わる事が無いと聞いてお願いしました(我が家に穴の開いた箇所の壁紙と同一型番の残りが10m以上あったことも幸いしたようですが)。提案して頂いた補修内容での施工を決め、1週間後に改めて施工することになりました(支給する壁紙への糊付けを機械作業でする為、別日での施工となりました)。
施工当日は作業時間も3時間以内で終わり、出来上がりの状態にも満足しております。(恐らく良し悪しが現れてくるのは何年も先の長期で見ないと分からない事だとは思いますが、素人目ながら施工も丁寧に感じた事・金額も良心的な金額である事から特別問題は発生しないと感じています)
ありがとうございました
お見積ボタン 壁紙再利用
スマホから電話
スマホから電話
事前診断
出張サービスエリア»東京・神奈川・埼玉・千葉・名古屋