壁穴修理&壁紙一面張替え

福祉施設からの修理依頼でした。

  • 建物形態:施設
  • 施工箇所:ホール
  • 施工地:名古屋市港区

施工時間:2時間

施工価格:31,000円(税込:34,100円)

勢いで体が壁に当ってしまったそうです。

壁穴のある一面の壁紙をめくり、傷んでいるボードをカッターを使ってカットします。

既存のボードを固定していた左・右の下地をうまく生かし、上・下に対し横向きに木を入れ補強します。

下地の木を固定した後は、接着力を上げるために上からボンドを塗ります。

※ ボードをカットする前にあらかじめ壁穴に手を入れ、既存の下地が近くにあるかを調べてからカッターを使いボードをカットします。

同じ厚みの石膏ボードを使い、先程補強を入れた下地材に対して四方をビスでしっかりと固定します。

新たに固定したボードとの微妙な段差や隙間をなくすため、まずは目の粗い下塗り専用パテを塗ります。

一回目の下塗りパテが乾いた後、目の細かい仕上げ専用のパテを使い丁寧に仕上げます。

横から見た写真ですが、壁穴を補修した箇所以外にも壁紙をめっくた際ボードの表面を傷めてしまった箇所も同時にパテ処理をしました。

仕上げたパテが完全に乾いた後、ペーパーをかけて下地を平に揃えます。

高さ2.4m×横巾2.7mの壁紙を貼り替えました。

修理対象面に張られていた壁紙がまだ販売されておりましたので同品番の壁紙で張り替えることができました。

このため対象面の面積は大きな面でしたが切のよいところまでの張替えで対応ができました。