壁穴修理&壁紙一面張替え

凹みにはパテ、小さな穴にはメッシュテープで壁穴修理

  • 建物形態:アパート
  • 施工箇所:カウンター
  • 施工地:横浜市磯子区

施工時間:1時間30分

施工価格:24,000円(税込:26,400円)

キッチンカウンターの下に、小さい穴・凹みが計4ケ所ありました。

今回はメッシュテープとパテを使い下地を作りました。

穴の大きさは約5㎝×8㎝くらいでした。これくらいがメッシュテープ使用の限界かと思います。

穴の大きさは約4㎝×6㎝くらいでした。メッシュテープ使用は、本来これくらいのサイズがベストかと思います。

上記2箇所は石膏が崩れている部分をカッターナイフを使って取り除きます。

下塗りパテになります。

幅広のパテベラを使いパテを仕上げます。

今回は10分で固まるパテに対し、硬化剤を混ぜて使用しましたので作業の早さが大事です。

最後にカウンター一面を張り替えて完成です。

メッシュテープについての注意事項

素人の方がよくメッシュテープを使って失敗されます一番の理由に、こぶしサイズまである穴に対してメッシュテープを使ってしまう事があります。

そして巾(5㎝くらい)の狭いパテベラを使って下地を作ろうとしてしまう傾向にあります。

パテに関しまして、最初から練りあがっている白色のパテを使ってしまい固まった後、固くてペーパーで上手く削れないケースも良くあります。

しかし、簡単に見えてしまうところに落とし穴が…。

本来のメッシュテープの目的は、石膏ボード上にペンキを塗る際ボードのつなぎ目のパテが割れないためのアイテムとなっておりますので注意が必要です。