壁穴レス急|破損壁紙再利用の施工事例

剥がれ保証 お見積ボタン

大学卒業にあたり、壁穴を補修したとの依頼でした。文京区

東京都文京区

  • 種類:破損壁紙再利用
  • 建物形態:マンション
  • 箇所:洋室

施工金額:16,980円(税別)

施工所要時間:約01時間30分

※施工所要時間については事前の現地打ち合わせ、天候、季節によって多少の誤差がございます。

項目金額
■ 下地補強・石膏ボード部分交換・パテ処理・壁紙施工 16,980円
破損壁紙再利用は、壁紙の種類(材質・厚み・柄)によって仕上がりに差が出る事はありますが、大半のお客様には思ってたより綺麗に仕上がってびっくりしました、と答えて頂く事が多いです。この修理方法がほんとに難しいケースのと思ったケースは、無理にお勧めはしません。例えば壁紙の移植施工に切り替えたりと他にも修理方法はございます。
スマホから電話
スマホから電話
事前診断

補修前の状態です。

1494024603.jpg

補修ケ所の仕上がりに不正が無いよう、近くに黄色いマスキングテープを貼ってます。

壁紙をはがし、破損ケ所のボードをカットします。

↑先頭へ

壁穴の横(右側)に壁紙のつなぎ目がありましたので、そこから観音開きに壁紙をめくりました。

破損している石膏ボードを全て取り除きます。

下地材を固定し、ボンドを付けます。

↑先頭へ

石膏ボードを固定するための下地材をボンドとビスで固定します。

固定した下地材の上にボンドを付けます。

同じ厚みの石膏ボードをビスとボンドで固定します。

↑先頭へ
1494025227.jpg

出来る限りボードがぴったり収まるよう丁寧に作業します。

ここのパテ処理が綺麗にできてるかで、仕上がりに差がでます。

↑先頭へ

下塗りパテで処理します。

仕上げ専用パテで、丁寧に仕上げます。

ペーパ処理でをしたら、壁紙を元の位置に戻していきます。

↑先頭へ

サンドペーパーを使ってパテの表面を整えます。

一度剥がした壁紙に糊を付け、元の位置に戻していきます。

補修前の状態です。

↑先頭へ
1494025574.jpg

補修完了です!

↑先頭へ
1494025653.jpg
ご近所に知られずご訪問可能
お見積ボタン
スマホから電話
スマホから電話
事前診断
出張サービスエリア»東京・神奈川・埼玉・千葉・名古屋