壁穴レス急|破損壁紙再利用の施工事例

剥がれ保証 お見積ボタン

足元に空いていた壁穴もこんな感じで綺麗に直ります。 神奈川県川崎市 

神奈川県 川崎市

  • 種類:破損壁紙再利用
  • 建物形態:マンション
  • 箇所:リビング

施工金額:16,980円(税別)

施工所要時間:約01時間30分

※施工所要時間については事前の現地打ち合わせ、天候、季節によって多少の誤差がございます。

項目金額
■ 下地補強・石膏ボード部分交換・パテ処理・壁紙施工 16,980円
※壁を直す素材は、石膏ボード・リペアプレート・メッシュテープなどいくつかございます。どの素材を使ってどのような修理をしたかによっても当然金額は変わってきます。弊社はお客様とトラブルにならないよう、しかも安心して修理依頼を頂けますよう、修理工程の一部始終をお写真で紹介させて頂いております。
スマホから電話
スマホから電話
事前診断

壁穴が足元に空いていました。

1465043156.jpg

一見壁の表面が凹んでいるだけのようにみえますが、実際には石膏ボードが奥まで破損していました。

塩ビのソフト巾木をめくったら、壁紙をめくります。

↑先頭へ

下地補強を入れるため、一度ソフト巾木をめくります。

作業がしやすいサイズに、壁紙をめくります。

破損している石膏ボードをカットし、下地材を固定します。

↑先頭へ

石膏が崩れているケ所を全て取り除きます。

ボンドとビスを使って下地材をしっかり固定します。

ボンドとビスを使って石膏ボードを固定します。

↑先頭へ

固定した下地材の上にボンドを付けます。

同じ厚みの石膏ボードをビスとボンドでしっかり固定します。

目の粗い下塗り専用パテで処理をし、パテが乾いたらペーパーを使い整えます。

↑先頭へ

目が粗くやせの少ない下塗りパテを塗ります。

サンドペーパーを使って、仕上げたパテの表面を整えます。

パテを使い丁寧仕上げ、乾いたらペーパー処理で整えます。

↑先頭へ

目の細かい仕上げ専用パテを使い、丁寧にパテを仕上げます。

サンドペーパーを使って、仕上げたパテの表面を整えます。

スムーサーで壁紙の空気を抜いていきます。

↑先頭へ
1465044497.jpg

修理前の状態になります。

↑先頭へ
1465044558.jpg

最後にソフト巾木を戻し、完成です。

↑先頭へ
1465044601.jpg

壁紙の再利用の場合、貼り戻したすぐは壁紙の裏地に糊を吸っているので少しグレーっぽく見えます。しかし、糊が乾けば元の違和感のない状態に戻りますのでご安心を。

ご近所に知られずご訪問可能
お見積ボタン
スマホから電話
スマホから電話
事前診断
出張サービスエリア»東京・神奈川・埼玉・千葉・名古屋