壁穴修理公式サイト
いざ!DIY
※項目をクリックして頂くと説明が表示されます。
★自分で壁穴修理する何て出来ないと思ってませんか?
出来ます壁穴修理!

壁穴修理キットを購入者の70%が女性です。また、賃貸にお住まいのお客様も多いのが特徴です。

当店ではご購入前に破損した壁紙をお調べする無料サービスもございます。

また、壁紙も部分修理用に適したサイズにカットして販売していますので、綺麗に仕上がります。

この機会にポスターやカレンダーで隠していた壁穴を壁穴修理キットで綺麗にして下さい。

★業者に頼むと数万円の修理工事が自分で修理すれば数千円で可能です。
業者の壁穴修理は人件費が大半

業者に壁穴修理をお願いすれば、10センチ程度の穴でも壁紙まで仕上げれば3万円はします。

リフォーム会社や工務店に壁穴の修理を依頼すれば、どうしても数万円以上掛かるのは仕方ないことですが、高額な費用が掛かっても確実に仕上げたい方なら依頼をされることをお止めはしません。

ただし、自分で修理することが難しいことは全くありませんが、ご自分でホームセンターで材料を揃えて、しっかりした解説書もなく行おうとしているなら、ちょっと待って下さい。

多分、そのような方法だと作業に慣れた方でない限り上手く仕上がりません。

壁穴修理を自分で行うのなら、壁穴に合ったサイズにカットされた石膏ボード、下地材等がセットされていて、壁穴修理のノウハウを写真付きで解説した説明書、購入者しか視聴できない解説動画がセットされた壁穴修理キットでしたら素人さんでも修理が出来るようになっています。

★石膏ボードには石膏ボードで修理することを御薦めします。

市販の壁穴補修材は壁穴サイズが15センチ程度迄が限界です。

また、表から見ると10センチ程度でも実は壁の裏側で石膏ボードが割れていて実際は20センチの壁穴だった場合があります。(壁穴サイズの測り方はこちら

YouTubeで見る壁穴のサイズの測り方↓

このような場合に、市販の補修材で表面を修理しても壁の強度がなくなっているために補修後に補修箇所周辺が凹んだりしてしまったり、再び破損する可能性があります。

壁穴の修理をせっかくするのであれば、破損箇所を完全に取り除いてすることが重要です。

石膏ボードでの修理なら破損箇所を除去しての作業になりますので、強度も仕上がりもしっかりしたものになります。

★壁穴修理専用セットだから安心して修理が可能です。
壁穴修理キットイメージ

壁穴修理キットの中で特にいいのが、必要サイズにカットされた石膏ボードです。

ホームセンターでも石膏ボードは欠けやすいのでカット依頼を断っている店が圧倒的に多いようです。

このカットの手間だけでも価値あるセットです。

また、付属の下地材も全てカットされていますから作業効率がいいのは当たり前のことです。

パテやボンド、壁紙のりなどは小分けしていますから余って保管に苦労することもありません。

★作業解説書と動画がご購入者に好評です。
解説書と限定ページ

ご購入者様に好評なのが、施工手順が写真付きで解説された説明書と購入者限定動画です。

動画はネット動画になりますので、スマホで確認しながら作業を進めることが可能です。

これさえあれば、次からホームセンターで材料さえ揃えば壁穴修理は出来てしまいますので説明書は捨てずに保管しておいて下さい。

限定動画の冒頭部分を公開中

ご購入者に「分かりやすかった」「修理がスムーズに出来た」と好評頂いております、ご購入者限定動画の「壁穴修理編」と「壁紙貼り方編」の各冒頭部分約1分程度をご紹介しております。

★材料はホームセンターで揃えれますが、上手く修理ができない方が多いのはなぜ?
材料を揃えるだけじゃ駄目なんです

最近、ネット検索をすれば壁穴の修理方法などを解説したサイトや動画を見つけることは容易なことですが、上手く修理が出来ずに当店にご相談のお問い合わせを頂くことが多いです。

理由は簡単です。

重要なポイントの解説やコツを説明していないサイトが殆どで、結局業者に依頼をしないといけなくなるような仕上がりや修理断念をされる方が多いのです。

当店で販売している壁穴修理キットには、ポイント解説等が充実していますから、作業の手順や仕方に関するお問い合せは、ほとんど無いのが自慢です。

★本当に修理できるんですか?

はい、出来ます!

論より証拠、過去にご購入頂いたお客様の事例を公開していますので、是非御覧ください。

画像は正方形にする以外の修正はしていませんので、ご納得頂けると思います。

壁穴修理キットストア
お客様施工事例
video_title
ご注文はこちら
壁穴修理公式サイト